ドイツの石炭火力発電脱却計画:「発電所閉鎖プレミアム」制度はインセンティブとして不十分か

ドイツは2038年までの石炭火力発電脱却を目指しているが、政府から石炭火力発電の将来についての検討を委任されていた政府委員会は今年5月に発表した報告書の中で、脱却の加速に向けて「発電所閉鎖プレミアム」...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。