仏会計検査院、政府に炭素課税の課税強化を勧告

仏会計検査院の付属機関CPO(国民負担評議会)は9月18日、仏政府に対して炭素課税の引き上げと拡充を勧告する内容の報告書を公表した。炭素課税は主に化石燃料の使用に対して二酸化炭素排出量に応じて適用され...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。