トタル、ラメード・バイオ製油所で製造されたバイオ燃料のドイツ輸出を検討(CEO発言)

仏石油大手トタルのプヤネCEOは9月17日、下院の経済問題委員会の公聴会に出席した際に、仏ラメード(ブーシュデュローヌ県)のバイオ製油所で生産したバイオ燃料についてドイツへの輸出を検討していると発言し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。