フラマンビル1号機、非常用電源の腐食問題で運転を停止

仏電力大手EDFは、仏フラマンビル原子力発電所(マンシュ県)1号機の運転を停止したと発表した。非常用ディーゼル電源の補助システムにおいて、固定器具の一部に腐食が検出されたのが理由で、地震が発生した場合...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。