中国実業家による穀物耕作地の買収、今後の行方は不透明

日刊紙ルフィガロは9月18日付で、中国の実業家が買い集めた仏国内の穀物耕作地について改めて報じた。この農地は、2014年から2017年にかけて、中国人実業家の胡克勤氏が買い集めたもので、仏中部のアンド...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。