大規模なサイバー詐欺を行った仏人が逮捕

消息筋が9月13日に明らかにしたところによると、年初から大規模なサイバー詐欺を行ったとみられる若い仏人男性が9月9日に逮捕された。容疑者は、ウクライナ在住で、仏ロワシー空港に到着したところを逮捕された。逮捕後予審通告がなされ、司法の監視下に置かれた。容疑者は、インターネット・ユーザーにゾンビコンピュータからメールを送り、ユーザー達がポルノ・コンテンツを閲覧している様を撮した動画を保持しており証拠もあると脅迫し、一人当たり500ユーロ程度の支払いを強要していた。実際に金を払ったユーザー数は少なくとも50人程度とされているが、男が脅迫メールを送った相手の数は、ユーザーからの通報件数を基にすると、最低でも2万8000人に達しており、訴えを起こしたユーザー数は1900人に及んでいる。