OPALガスパイプラインをめぐる裁判:EU第一審裁判所、ポーランドの訴え認める

欧州委員会は2016年、ドイツ東部を通過するガスパイプライン「OPAL」に関し、露ガス大手ガスプロムが利用できる容量の割合を、50%から80%へ引き上げることを認める決定を下した。これにポーランドが反...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。