ブリティッシュ・エアウェイズのパイロット・スト、9日はほぼ全便欠航

ブリティッシュ・エアウェイズは9月9日、ロンドン・ヒースロー空港及びガトウィック空港発のほぼ全便を欠航すると発表した。同社のパイロット組合(BALPA)が数日前に行った投票では、9月9日、10日、27日のスト実施にパイロットの93%が賛成した。同社では賃金交渉が合意に至らないまま決裂しており、パイロット組合は7月に3日間のスト実施を決めていた。同社経営側は8月に、3年間で11.5%の賃上げををパイロットに提案したが、不十分であるとして拒否されたと発表していた。同社にとってはこれまでで最大のストとなる見込みで、9-10日のストの影響を受ける乗客は28万人を超えると予想される。BALPAは8日、ストの影響は1日当たりで4000万ポンド(4400万ユーロ)に達すると発表。