各種社会給付の効果で貧困率は8.2ポイント低下

労働省の調査機関DREESが9月6日に発表した調査結果によると、各種の社会給付による貧困率の押し下げ効果は、2016年に8.2ポイント分となった。各種社会給付がなければ、貧困率(貧困線を月額所得中央値...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。