仏南部の3港、停泊中船舶向けの陸電供給システムなどを整備へ

仏プロバンス・アルプ・コートダジュール地域圏は9月5日、マルセイユ、トゥーロン、ニースの3港における停泊中船舶による大気汚染対策を発表した。予算は3000万ユーロ。マルセイユでは、排出される二酸化窒素...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。