オレンジ、監督機関ARCEPの違憲審査を請求

ルモンド紙によれば、通信大手オレンジは8月29日、監督機関のARCEP(郵便・電気通信規制機関)による催告処分の取り消しを求めて行政最高裁(コンセイユデタ)にて起こした訴訟で、ARCEPの組織が憲法に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。