亜酸化窒素の乱用増える、販売規制を導入する自治体も

亜酸化窒素を薬物として流用するケースが増えている。北仏の自治体を中心に、未成年者への販売禁止条例を定める動きが広がっている。
亜酸化窒素は笑気ガスとも呼ばれ、吸引すると陶酔感を得られることから、麻薬...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。