独政府、2030年までに蓄電容量の大幅増を予測

独政府は、国内における蓄電容量(揚水発電、大型バッテリー、家庭用蓄電システム、パワーツーガス)が、現在の0.42GWに対して、2030年までには24GW超へと大幅に増加するとの予測を示した。野党の自由...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。