フライトのキャンセル、顧客の減収分も弁済を=欧州司法裁判決

欧州司法裁判所は7月29日付の判決で、フライトのキャンセルで発生した職業上の被害について、航空会社には弁済の義務があるとの判断を下した。
この裁判では、ルーマニア人の2人が、ブルー・エア(ルーマニア...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。