「アカデミック・ロモノソフ」、シベリアに出発

露原子力大手ロスアトムが開発した海上浮体式原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」は8月23日、ムルマンスクを離れた。利用が予定されるシベリア東部チュクチ自治管区のペベクへと曳航される。航海は天候や氷...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。