懸念される鉄道部門の安全対策

8月21日付のパリジアン紙は、仏鉄道部門の安全監督機関EPSFが4月29日-5月23日に、大西洋側地域で実施した安全検査報告書の内容を報じた。この報告書では、レールの継ぎ目板のボルトが緩んでいたり外れ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。