コニャックの出荷、過去最高に

コニャックの業界団体BNICによると、コニャックの出荷は2019年7月期に、数量ベースでも金額ベースでも過去最高に達した。また過去5年連続で増加した。出荷量は前年度比2.5%増の2億1100万本、出荷額は6.9%増の34億ユーロをそれぞれ記録した。
コニャックは出荷の98%近くを輸出が占めている。特にNAFTA(北米3ヵ国)向けの輸出が8.8%増の9770万本(このうち米国向けが9430万本)、17.6%増の14億ユーロと好調で、出荷量全体の46%を占めた。アジア(中国、香港、シンガポール、韓国、マレーシア、台湾、タイ、日本)向けの輸出量は6000万本で、微減したが(1.5%減)、輸出額は1.8%増の12億ユーロに達した。欧州向けの輸出は、4.6%減の3940万本、6.4%減の4億6160万ユーロに低迷した。欧州では東欧向けが伸びたが、英独向けが低調だった。