ドイツ連銀、2四半期連続マイナス成長の可能性を示唆

ドイツ連銀は8月19日に発表した月報の中で、工業生産の後退に伴い、この夏にドイツ経済は後退を続けた可能性があると指摘した。ドイツ経済は4-6月期に0.1%のマイナス成長(前の期比)を記録しており、7-...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。