ベルリン少年聖歌隊による女児不採用は正当=行政裁判決

ベルリン州立大聖堂聖歌隊に採用されなかったのは性差別であると主張して、女児の母親が訴えていた件で、ベルリン行政裁判所は8月16日、訴えを退ける判決を下した。この件については、基本法の第3条が定める「男...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。