仏Nahibu社、腸内フローラ検査キットを発売

仏では数週間前から、仏スタートアップのNahibuが開発した腸内フローラの検査キットの販売が開始された。採取した便を送付して、4-6週間後に結果と栄養士による食事のアドバイスがネットで通知される。サービス価格は399ユーロ。Nahibuは仏研究省及び仏公的投資銀行のBPIフランスの支援を受けている。国立農学研究所(INRA)の腸内フローラに関するメタゲノム解析研究拠点の協力を受けて、現時点で最も精度が高いとされるシークエンシング方法を採用している。腸は「第二の脳」とも呼ばれ、個人により異なる腸内フローラは消化、新陳代謝、免疫、神経などと関係があるとされる。腸内フローラを正確に把握し、結果に基づいた食事上の注意を遵守することで健康状態の改善が期待される。このキットを試した人によると、アレルギー疾患のほかに、砂糖と炭水化物の過剰消費などが検査で指摘され、助言に沿って食生活を見直したところ、30年間に渡り悩んでいた紫外線アレルギーが解消したという。