ウィーン市、新築住宅への化石燃料使用ボイラーの規制を強化

オーストリアのウィーン市当局は7月31日、2020年夏以降に建設される住宅のうち、20%のみに化石燃料エネルギーを使ったボイラーの使用を認めると発表した。気候変動対策の一環で、代替策のない地域に建設さ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。