欧州フードデリバリー業界で合併により大手誕生

フードデリバリーの英ジャスト・イートとオランダのテイクアウェー・ドットコムは7月29日、合併計画を発表した。新会社ジャスト・イート・テイクアウェー・ドットコムの売上高は73億ユーロに達する見込み。2018年売上高は前者で7億7950万ポンド、後者で2億4000万ユーロだった。両社の営業国もジャスト・イート(英国、アイルランド、デンマーク、フランス、イタリア、ノルウェー、スペイン、スイス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ)とテイクアウェー・ドットコム(オランダ、ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、オーストリア、スイス、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、ポルトガル、イスラエル、ベトナム)で補完性があるという。新会社はロンドン及びアムステルダムの両市場での上場を維持し、経営ポストも両社で分け合う。テイクアウェー・ドットコムがジャスト・イートにTOBを実施する形で合併が実施され、ジャスト・イートの株主が新会社の52.2%株式を所有する。