ニジェール:オラノCEO、北部のウラン開発継続を強調

仏オラノ(原子力)のクノルCEOはニアメで7月22日、ニジェール北部におけるウラン開発を継続する方針を発表した。イスフ大統領との会見後に発表したもので、開発の継続は、今後も堅調なウラン採取が見込まれる...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。