ドイツ連邦憲法裁、量的緩和の適法性巡り判断へ

ドイツ連邦憲法裁は30日と31日の両日、欧州中銀(ECB)による量的緩和がドイツ基本法に抵触する疑いを審査する裁判で一連の証人喚問を行う。判断は後に公表される。
この訴訟は、量的緩和を問題視する10...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。