EDF、猛暑に伴いローヌ渓谷の原子力発電所でも出力引き下げ

仏電力大手EDFは7月23日、仏サンタルバン原子力発電所(イゼール県)の原子炉2基の出力を引き下げて運転を行うと発表した。またビュジェイ原子力発電所(アン県)でも数時間にわたり出力を下げて運転が行われ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。