ドイツにおける陸上風力発電機、行政手続きなどにより2000基に建設の遅れが

独官民が形成する陸上風力発電に関する団体FA Windが関連企業に行った調査によると、ドイツでは、行政手続き上の問題や許可審査の遅れに伴って、陸上風力発電機2000基強の建設が進まない状態にある。容量...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。