伊与党、ノモフォビア予防に向けた法案を提出

イタリア連立政府に加わる「五つ星運動(M5S)」は、下院にノモフォビア(スマホ、パソコンなどへの重度の依存症)予防・治療のための法案を提出した。法案は、ノモフォビア予防・治療に向けた研修、子供がノモフ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。