ドイツの発電・送電事業者、将来的な電力不足を懸念

7月18日付のロイター通信は、ドイツにおいて発電および送電事業者から将来的な電力不足の恐れを指摘する声がでていると報道した。ドイツは2022年に原子力発電から撤退する予定で、石炭火力発電についても段階...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。