アフリカ諸国の元首夫人、がん対策の「ニアメ宣言」を採択

アフリカ諸国の元首夫人はニアメで開催中のアフリカ連合(AU)首脳会議に合わせて7月6日に会合し、がん対策の強化を呼びかけるニアメ宣言を採択した。がん対策を開発戦略計画に組み入れること、タバコやアルコールなど発がん性のある製品への強化を増強することを求めた。健康に害を及ぼす製品への課税が保健政策の一部となっている先進諸国と違い、アフリカ諸国の大部分ではタバコとアルコールにかかる税率が低く、安価で購入できる。
アフリカはこれまで感染症対策で成果を発揮してきたが、がんで死亡する人の数は毎年数百万人に上るとみられ、平均寿命を60歳から75歳にまで引き上げるという目標を達成するためにも、今後は「白人あるいは金持ちの病気」として忘れられてきた「がん」の対策を強化する必要がある。
AFP 2019年7月6日