米国政府、フランスのインターネット大手課税に関する調査を開始

ライトハイザー米通商代表は10日、フランスが計画するインターネット大手課税案について、報復措置の発動の前提となる調査を開始すると発表した。米国の一部の技術分野企業が不当に差別される疑いがあると指摘、ト...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。