ホメオパシー医薬品、2021年から健保の払い戻し対象外へ

政府は7月9日、ホメオパシー医薬品を健保の払い戻しの対象から外す決定を下した。先に仏HAS(保健高等機関)が、ホメオパシー医薬品の薬効は科学的には証明されていないとして、払い戻し対象から外すよう勧告しており、政府もそれに従った。ただし、移行期間を設けて2021年年頭から全面除外とすることを決定。2020年には、現行の払い戻し率30%を15%に引き下げた上で払い戻しを継続する。
ホメオパシー医薬品大手の仏ボワロンはこの決定に強い失望の念を表明した。