「海外自治体振興プラン」に調印

マクロン大統領は7月8日、パリの海外省庁舎で、海外自治体と国の間の協力協定の調印式を行った。2017年2月に成立した海外自治体関連法が定める協定制度がようやく適用の運びとなった。
協定は、グアドルー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。