ドイツの石炭火力発電、コスト上昇で「撤退」に追い風

BloombergNEFの報告書によると、2038年をメドとする石炭火力発電からの完全撤退計画が議論されているドイツにおいて、石炭火力発電のコスト上昇に伴ってその利用にブレーキがかかり始めている。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。