バカロレア結果発表:ブランケル教育相と教員らが対立

バカロレア(高校卒業資格試験)の合格発表が5日に行われる。これを前に、高校改革・バカロレア制度改革に反対する一部の教員は、担当した試験の採点結果を通知しないという抗議行動を展開。これに業を煮やしたブランケル教育相は3日の時点で、予定通りに合格発表ができるようにするための対策措置を予告。これに教員組合が反発するという緊張した状況の中での合格発表となった。
教育相は、採点結果の通知がない場合、当該科目の成績を、高校における内申点と同じとみなして計算して暫定評点をつけて、合否を決定すると説明。採点結果が得られたら評点を修正し、暫定評点よりよい点になるなら修正後の評点を最終評点とし、逆であるなら暫定評点を最終評点にするとの対策を予告した。また、採点結果の通知を拒否する教員には、担当分の答案を受け取った時点からストを開始したとみなし、その全期間の給与を減額するとも予告した。教育相は4日午後に開いた記者会見で、採点結果を通知していない採点者は700人のみだと言明し、影響は小さいと強調した。