英WPP、調査子会社カンターの売却で独占交渉開始

広告代理店世界大手の英WPPはこの度、子会社カンター(コンサル・調査)の売却を目指して、米投資会社のベイン・キャピタルと独占交渉に入ったことを確認した。カンターは40億ドルと評価される。WPPはカンタ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。