ドイツ:過激派の脅威が拡大、ヘッセン州CDU幹部暗殺はネオナチ容疑者が自供

ドイツ内務省は6月27日、国内の過激派に関する現状報告書を公表した。それより前、25日には、ヘッセン州のキリスト教民主同盟(CDU)幹部の殺害事件について、ネオナチの容疑者が政治的理由による暗殺である...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。