上院報告書、道路橋の危険な状態を糾弾

国内の道路橋の危険な状態を糾弾する上院報告書が27日に提出された。この報告書は、昨年8月に伊ジェノバ市の陸橋が崩落する事件が発生したのを踏まえて、モレー上院議員が作成したもので、同議員は調査委員会と同...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。