アンゴラ:石油部門の再興に向けて諸改革を実施

石油価格の低迷と新プロジェクトの凍結を背景に、アンゴラの石油生産は2018年に過去十年来で最低水準に落ち込み、日量150万バレルを割り込んだ。しかし、2017年に就任したロウレンソ大統領は石油部門の再...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。