水素燃料電池車両のバス路線、フランスで初めて開業

オードフランス地域圏で21日、水素燃料電池車両のみを用いたバス路線が開業した。三セクのSMT AGが運営する「B6」路線バス(ベチューヌ市近郊のオシェル市とブリュエラビュイシエール市を結ぶ)で運行され...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。