中央官庁の公務員4000人、地方に異動へ

フィリップ首相は6月20日、公共部門改革の関係閣僚会議を開いた。首相は会議後に、4000人程度の中央官庁勤務の公務員を地方に異動とする計画を発表した。地方の活性化を目的に、パリ首都圏に勤務する公務員を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。