仏養豚協同組合、大型メタン化施設を設置

仏大手の養豚協同組合Cooperlは6月13日、本拠を置くランバル(コートダルモール県)に大型のメタン化施設「Emeraude bio-energie」を開所した。施設は今年10月にバイオガス生産を開...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。