アンゴラ:国内2番目の製油所がまもなく着工、製油能力増強が優先課題

国営石油会社ソナンゴルはカビンダ州に国内で二番目となる製油所を建設する。ルアンダで6月4-6日に開催されたアフリカ石油・ガス会議で発表が行われた。
新製油所は日量6万バレルの生産能力をもち、製油能力...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。