EU、ドローン利用者の登録制度を開始へ

欧州航空安全機関(EASA)によると、EU(欧州連合)でドローン(無人航空機)利用者に対する登録制度を義務付ける規則が施行される。この規則は数日内に施行されるが、適用に向けた準備期間が1年間設けられ、ドローン利用者は遅くとも2020年7月までに登録手続きをしなければならない。人への被害が出る恐れがある重量250グラム超のドローンが対象となっており、重量250-900グラムのドローンについては、デジタル遠隔識別システム装置の設置も義務付けられる。一国で登録されたドローンはEU全域での飛行が可能となる。なおドローンの飛行禁止区域の設定は各国政府の権限であり、各国の事情に応じて規則の見直しも可能。