果実・野菜の残量農薬、環境NGOが改めて問題視

環境NGOのジェネラシオン・フュチュールは6月6日、仏で市販の果物・野菜(非オーガニック)の残量農薬に関する調査を昨年に続いて発表した。消費者保護当局機関のデータを集計して、2012-17年の数字をま...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。