IEA、既存原子炉の運転年数延長を呼びかけ

国際エネルギー機関(IEA)は5月28日、既存原子炉の運転年数延長を呼びかける内容の研究を発表した。原子力発電離れが特に先進国で進む中、この流れがエネルギー供給と排出量目標達成を脅すものだと警鐘を鳴ら...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。