パリ首都圏の公共交通機関、不正乗車の罰金徴収が改善

仏フィガロ紙は5月27日付で報じたところによると、パリ首都圏の公共交通機関における不正乗車の罰金徴収総額は2018年に4300万ユーロとなり、2年前の2016年の3100万ユーロから増加した。徴収額の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。