ドイツ:年金改革巡り連立与党に軋み

連立与党の軋みが年金改革を巡り改めて表面化している。社民党(SPD)が提示した少額年金受給者向けの支給額引き上げの財源が対立を招いている。
支給額引き上げは、35年以上の就労実績があり、支給額が低い...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。