元実業家のピエール・ボトン氏、脱税で再び起訴

パリ地検は21日、元実業家のピエール・ボトン氏を脱税などの容疑で起訴することを決めた。7月12日に公判が行われる。
ボトン氏は63才。リヨン出身で、義理の父となるリヨン市の保守政界の政治家ミシェル・...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。