フランス・テレコム連続自殺問題裁判、前CEOの問題発言が明らかに

フランス・テレコム(現オレンジ)従業員の連続自殺問題裁判で5月17日、2006年10月20日に開かれたフランス・テレコムの上級管理職及び経営陣団体(ACSED)の会合における議事録が証拠として提出され...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。