バールゼンの相続人、ナチス時代の強制労働に関する発言で謝罪

製菓大手バールゼンの創業一族の若き女性相続人、ファレーナ・バールゼンさん(26)が5月13日、大衆紙ビルトに対して、ナチスドイツ時代の強制労働について、バールゼン社にはやましいところはないと言明した。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。